家族のがんをほっとけない!

👇動画で見る(約5分)
お一人様の入会で、
ご家族も一緒にサポート!

がんほっけんは、代表者1名様が5,000円で会員登録すると、その配偶者・ご両親・ご兄弟姉妹・ご子息・ご息女など、ご家族を最大5名様まで同時に登録できます。
がんを経験しているご本人のみならず、家族のがん治療をサポートしたいという思いから会員登録される方が増えています。

がんほっとけん会員になると?
(3つのサポートが受けられます)

【サポート1】
がんの早期回復、再発・転移防止をサポート!

①がんの在宅ケア導入費25万円支援

温熱療法協会が提供する「温熱免疫アッププログラム」は5年間の「がん治療在宅ケア」です。
保険診療に含まれないため43万円の自己負担がありますが、がんほっとけんの会員様には、温熱免疫アッププログラム費用のうち25万円分を援助します。
そのため、自己負担額43万円から25万円を差し引いた18万円で温熱免疫アッププログラムを始めることができます。
※登録した家族5人ともに同じ援助がありますので、最大で125万(5回分)の援助を受けることができます。
社)温熱療法協会推奨の在宅ケア

温熱療法プログラムとは?

【温熱免疫アッププログラム通常費用】
費用・・・43万円(保険適用外)
期間・・・5年間の在宅ケア
がんの原因は様々ですが、生活習慣が起因のひとつになっていることは間違いないでしょう。
がんと診断されたことで生活習慣を見直し、がんから回復できる体質に改善を図ってみてはいかがでしょうか。
温熱免疫アッププログラムは在宅で取り組めますので、がん治療で弱った身体のケアや体質改善の一環として始めてください。

         温熱療法協会代表理事 中村 健二

【サポート2】
がん情報配信サービス「教えて!がんサポートDr.」

②がんの最新知識を動画で学べる

ご自身やご家族のために、がんを学ぼうと思っても、どの本を読めばいいのか分からなかったり、難しくて理解しづらかったりと諦めてしまいがちです。
がんほっとけんに会員登録すると、難しいことも分かりやすく解説している動画「教えて!がんサポートDr.」シリーズがいつでも見放題です。


【サポート3】
現在のがん治療・未来のがん治療に備えた保険メンテナンス

③「がんの保険」の無料相談

医療技術が進歩している今、がん治療は多様化しています。
しかしながら多くの方が、昔に加入した保険のままで、現在のがん治療に即していない、はたまた未来のがん治療に即していない保険に加入しているのです。
いざという時に、「この治療は給付対象外」といわれ、治療費(保険金)を受け取れなければ、がん保険に加入している意味がありません。定期的に今の治療に即しているのかどうか、がん保険をメンテナンスすることが重要です。

がんほっとけん助け合いの仕組み

みんなで持ち寄ったお金を、
みんなのために使ってお互いに助け合うシステムです

がんほっとけんは、保険や互助会のような仕組みです。皆様の入会費で、皆様ががんになったとき、在宅ケアの費用を援助する助け合いのシステムです。
お一人様当たりの会員登録費5,000円(税込)をいただいた中から、がんに罹患した方が保険診療料に含まれない温熱免疫アッププログラムを始めるにあたり、がん治療支援金25万円が支援されます。
また、会員登録費5,000円でご家族5人まで登録可能ですので、最大5回(5人分の125万)の支援を受けることができます。
あなたや大切なご家族のためにも「がんほっけん」をご検討ください

お申込み/資料請求

がんほっけんに関するご相談やご質問など、
お気軽にお問い合わせください。

各専門家も推薦

がんからの早期回復は温めることが鍵

宮島 健也 (YSこころのクリニック院長)
身体の様々な不調の原因は冷えからきています。
私の専門分野のうつや認知症も温めることが治療につながります。
当然、がんの早期回復や再発防止にも温めることが必須といえます。
温熱免疫アッププログラムは効果的に温めることができるので医師の立場として薦めています。
がんほっけんをきっかけに温熱の重要性が広まるとよいですね。
医師

在宅ケアに備えられる良いサービス

近藤 正樹 (フィナンシャルアドバイザー)
私はお金の小学校を運営していまして、マネーセミナーを頻繁にしていますが、がんへの備えという点では足りていない人が多いです。
実際に母も弟もがんを経験した身としては、がん保険の適応範囲の標準治療だけでは不安です。
がんほっけんのように在宅ケアにも備えていた方がいいに決まってますよ。
特に、母は抗がん剤のあとは副作用で辛い辛いと苦しんでいましたから。
免疫アップの大切さも身に沁みました。
IFA

在宅ケアに備えられる良いサービス

近藤 正樹 (フィナンシャルアドバイザー)
私はお金の小学校を運営していまして、マネーセミナーを頻繁にしていますが、がんへの備えという点では足りていない人が多いです。
実際に母も弟もがんを経験した身としては、がん保険の適応範囲の標準治療だけでは不安です。
がんほっけんのように在宅ケアにも備えていた方がいいに決まってますよ。
特に、母は抗がん剤のあとは副作用で辛い辛いと苦しんでいましたから。
免疫アップの大切さも身に沁みました。
IFA

会員様の声

青野様 40代 女性
母が数年前がんの手術をして、今は元気ですが再発や転移が心配だったので温熱免疫アッププログラムを取り入れています。
森田様 40代 女性
父が抗がん剤の副作用で苦しんでいましたが、温熱ドームとマットを使うと少し楽になると喜んでいました。
菱田 60代 女性
お医者さんは頼りになるけど、自分の体のことだから、まかせきりはダメだと思い、動画でがんの知識を増やしています。
星野様 70代 男性
がんほっけんをきっかけにセカンドオピニオンをしたことが結果として良かったと思っています。
中村様 50代 男性
最新の治療法やがんを克服した人の話など分かりやすい動画を送ってくれたので、絶対に乗り越えられると前向きになれました。
安田様 40代 女性
娘夫婦に面倒をかけたくないと、頑なだった母も自宅で自分でやれるからと言って温熱免疫アッププログラムを受け入れてくれました。
渡邊様 30代 女性
わたしにとって、ワンちゃんも家族なので、人と同じように扱ってくれる、がんほっけんはすてきなサービスです。
藤原様 50代 女性
がん闘病中の父も入れるサービスがあると聞いたときは、正直びっくりしましたが、温熱免疫アッププログラムに出会えてよかったです。
60代 女性
家族登録は兄弟姉妹でも大丈夫だとのことでしたので、妹のために、がんほっけんの会員になりました。

藤岡様 50代 男性
がんの動画で勉強することが日課になっています。
中村先生は話も上手だし、専門書よりも詳しい内容でびっくりしました。
小川様 40代 女性
配信動画のがんを乗り越えるマインド10ヵ条を見て勇気が湧きました。
神田様 20代 女性
おじいちゃんががんで亡くなったこともあって、まだ家族にがんはいないけど、保険のつもりで入りました。
小野様 30代 男性
会社の福利厚生でがんほっけんに入っていましたが、先日祖母ががんと診断されたので、温熱免疫アッププログラムをプレゼントしました。
東條様 60代 女性
始めたばかりで、まだ実感はありませんが温熱免疫アッププログラムを続けています。
とにかく気持ちいいことは確かです。
佐々木様 60代 女性
昔から冷え性だったので、がんになってしまったのかと思います。
温熱免疫アッププログラムで体温を上げるため頑張っています。
荻野様 50代 女性
先日、母からがんが寛解したとの報告を受けましたが、再発防止に温熱免疫アッププログラムを続けてもらっています。
和田様 40代 女性
抗がん剤の日は副作用でツラいのですが、温熱免疫アッププログラムのおかげで少し楽になる気がします。
がんに負ける訳にはいかないので、これからも続けます。
中村様 50代 男性
最新の治療法やがんを克服した人の話など分かりやすい動画を送ってくれたので、絶対に乗り越えられると前向きになれました。
安田様 40代 女性
娘夫婦に面倒をかけたくないと、頑なだった母も自宅で自分でやれるからと言って温熱免疫アッププログラムを受け入れてくれました。
渡邊様 30代 女性
わたしにとって、ワンちゃんも家族なので、人と同じように扱ってくれる、がんほっけんはすてきなサービスです。

登録特典※2021年8月31日まで

がんサポートDrとして活躍する中村健二氏と、NPO法人がん克服サポート研究会代表の坂井正典氏による対談。がんに対する治療、標準治療、自由診療の戦略、メンタルの重要性、生き方についてなど、わかりやすくも深い内容が凝縮された1冊。

お申込み/資料請求

がんほっけんに関するご相談やご質問など、
お気軽にお問い合わせください。

資料請求フォーム

下記フォームの必須事項にご記入の上、送信ボタンを押してください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。